さらり畳 北一商店の畳への愛情と、伊藤園の茶殻リサイクルシステムで、さらり畳は生まれました。

北一商店が探していたのは、畳の新しい可能性。
伊藤園が探していたのは、身近な製品に茶殻を有効利用する方法。
この2つの想いが出会った時、「さらり畳」が生まれました。
茶殻に含まれるカテキンなどの有効成分や茶殻の消臭効果は、
畳自体が持つリラックス効果と相まって、
住まいに、爽やかな空気をお届けします。
畳が茶殻と出会って、畳のイメージを変えたように、
「さらり畳」との出会いが、あなたの毎日をやさしく、美しく、変えていけますように。

茶殻の消臭効果で、お部屋の空気がさらりを変わります。

足元から、空気が変わる。爽やかさが違う。
「さらり畳」は、消臭効果をさまざまな実験で実証。
住まいに爽やかさと美しさをお届けします。

他社のボードと消臭効果を比較してみました。

実験方法

密閉空間に茶配合ボードと他社ボードを入れて、タバコを約5分間燃焼後、 約2分間放置。タバコのいやな臭いの元であるアンモニア臭の吸着量を比較しました。

  • 実験イメージ図 ※伊藤園調べ
  • タバコ臭い(アンモニア臭)吸収効果

フローリング部材に比べて、約3倍の消臭効果。

実験方法

2つのアクリル密閉ボックスにそれぞれ茶配合ボード、フローリング部材を敷き詰め、そこに足の臭い(イソ吉草酸)をしみこませた靴下を入れ、イソ吉草酸のガス濃度を測定しました。

  • 実験イメージ図 ※伊藤園調べ
  • 足の臭い(イソ吉草酸)吸収効果

▲

未利用資源であった茶殻の有効活用する技術が評価されて、「地球環境大賞」など、数々の賞を受賞しています。

茶殻リサイクルシステム

茶殻に含まれるカテキンなどの有効成分、茶殻の消臭効果を活かしながら、「さらり畳」、「お茶入りダンボール」、「茶殻入り名刺」、「茶殻入り封筒」などに活用しています。

農林水産大臣賞

財務省、厚生労働省、農林水産省、経済産業省、国土交通省、環境省の後援を受けて、エコプロダクツ大賞推進協議会が主催。優れたエコプロダクツを表彰しています。

経済産業省産業技術環境局長賞

環境ビジネスを振興することを目的に、廃棄物の3R(リデュース・リユース・リサイクル)に資する優れた事業や取り組みを広く表彰しています。

環境大臣賞

持続可能な循環型社会の実現に寄与する製品などを表彰。「さらり畳」は、茶殻をお客様の身の回りの製品に有効活用している点が評価され、受賞となりました。

▲ ページの先頭へ戻る